車両保険

車両保険について

車両保険というのは、自分の車が事故で損害を受けた際、車の修理代を保証してくれる保険のことで、車を運転するにあたって非常に重要な保険になります。また、補償対象は事故だけでなく、火災、台風、盗難などにより損害を受けた場合も対象になります。車両保険は、他の保険のように他人の被害を補償するための保険ではなく、自分の車の損害を補償してくれるものです。自分の車の損害を補償する保険は車両保険しかないので、是非共、加入しておかなければならない保険になります。車両保険と一口に言っても、色々な種類があります。まず一般車両保険があり、これは、偶然の事故で車に生じた物的損害を補償する保険で、自損事故をはじめ、他車との事故、火災や盗難なども補償されます。自損事故、車との衝突や接触、自転車との衝突や接触、物の飛来や落下による損害、火災、爆発、盗難、浸水など補償される範囲はかなり広いです。但し、補償が充実している分、それだけ保険料は高くなります。車両保険には、エコノミー車両保険があり、これは車対車の事故による損害にだけ補償されるというものです。